機動戦士Ζガンダムの名脇役の中には、ジェリド・メサのようなティターンズのパイロットがいます。

ジェリド・メサは、機動戦士Ζガンダムの中でも屈指のネタキャラと言われることもありますが、ストーリーの中では鼻っ柱が高い、エリートを鼻にかけるキャラクターのため、そのように写ってしまうのもおかしくはありません。現に、カミーユ・ビダンとの確執は、最初の接触以降ずっと続くようになっていきます。

ジェリド・メサは、どことなく自分はエリートではあるが、エリートとしての資質があるのか、男として成果をあげられるのかに不安、不満を抱えています。そんなジェリド・メサを慰めようと、カクリコン、マウアー・ファラオ、ライラに励まされる場面も多く出てくるのですが、ジェリド・メサは、オールドタイプでありながらも一定の成果をあげるという、それほどネタキャラとは思えないような強さを発揮するのです。

では、どうして機動戦士Ζガンダム屈指のネタキャラなのかというと、前述の仲間たちが倒されていく反面で、ジェリド・メサは成果をあげるというシーンが多いからです。そのため、敵側にとっての死神のような存在として扱われることが多く、そのことがキッカケになって、ネタが多いキャラクター扱いされるようになっていきます。

補足となりますが、ジェリド・メサがエリートとして評価されているのは確かで、ハイザック、マラサイ、ガブスレイ、バイアラン、バウンドドックなどの新鋭機が登場する際は、ジェリド・メサがパイロットに任命されています。エゥーゴサイドには優れたニュータイプが多くいるため、やはり、戦場で一定の成果をあげる、生きて帰ってくるだけでも評価されているのかもしれません。

また、どうして機動戦士Ζガンダムの主人公であるカミーユ・ビダン、そしてティターンズのジェリド・メサは、ライバルのような扱いになっているのかというと、以下のような2つの理由が存在するため、ライバルのような形で戦うことが多くなっていきます。まず、ジェリド・メサがカミーユ・ビダンに接触しているため、これがキッカケになってカミーユ・ビダンを意識するようになっていきます。

カミーユ・ビダンは、自分の名前を馬鹿にされることが嫌なため、カミーユ・ビダンもジェリド・メサのことを嫌い、宇宙の戦場でも良く戦うようになっていくのです。もう1つの理由は、散っていった仲間の思いを引き継いで、カミーユ・ビダンに勝てるところを、ジェリド・メサが証明したいからです。

ただ、カミーユ・ビダンは物語の中盤から、よりニュータイプとしての能力を発揮するようになります。Zガンダムで高い戦果をあげるようになるだけでなく、敵側の親玉さえも倒すようになってくるため、カミーユ・ビダンを追いかけているのがジェリド・メサ、そして、カミーユ・ビダンは戦争の終結を目的として、多大な活躍を見せるようになるという相違点が発生します。

このような違いが存在するため、機動戦士Ζガンダムの主人公はカミーユ・ビダン、そして、敵側で特に主力となっていたのはハマーン・カーン、パプティマス・シロッコと言われることが多く、ジェリド・メサは、結果的にかませ犬扱いを受けることが多くなっていったのです。