起動戦士ガンダムが好きな人であれば、今でも記憶に新しい名脇役として、ヤザン・ゲーブルの名を挙げる人は多いでしょう。

ヤザン・ゲーブルは、機動戦士Ζガンダムに登場する、ティターンズ所属パイロットの1人です。2人の部下がいるなど、戦争そのものに慣れきっているかのような雰囲気、饒舌なトークなど、名脇役として相応しいスキルを多く兼ね備えています。

また、機動戦士Ζガンダム内では暴れん坊のような活躍を見せますが、起動戦士ガンダムZZでは、子どもに馬鹿にされるシーンも多く、作品によって雰囲気が変わるコミカルな要素を含むキャラクターです。どのような要素があって、ヤザン・ゲーブルは人気が高いのかというと、それは、的確な仕事をこなす職人のような人物だからです。

機動戦士Ζガンダム内では、ギャプラン、ハンブラビなど連携、高速機動を可能とする機体を乗り回すのですが、ヤザン・ゲーブルは1人で戦うことが多い人物ではなく、どちらかというと部下との連携を大事にするキャラクターなのです。つまり、荒っぽいだけでなく知略に長けているギャップが存在し、その落差があるのでいつまで経っても忘れられない、ガンダム作品の名脇役になりました。

その他の魅力として、ティターンズで上手くやっていけている一面も、忘れることができません。ティターンズ内では、ジェリド・メサのような人物をからかうこともあるのですが、パプティマス・シロッコのような大物とは、どこかで気が合うのか妙に仲が良いところを見せてくれます。

凶暴なだけであれば集団行動を行えませんが、ヤザン・ゲーブルは、凶暴性、そして知性を使いこなしているところも含めて、今までガンダム作品に登場してきたキャラクターと一線を画するのです。しかも、ヤザン・ゲーブルはニュータイプではありません。

ガンダム作品内では、凄腕のオールドタイプであっても噛ませ犬になることが多いです。結局、最後は負けてしまうという場面が多く、そのままフェードアウトというのは、ガンダム作品では珍しいことではありません。

しかしヤザン・ゲーブルは、機動戦士Ζガンダムにおいて高い戦果をあげるだけでなく、ニュータイプを相手にしても戦えている、むしろ優勢である場面が多かったという、珍しい活躍まで見せてくれました。ただ、機動戦士Ζガンダムの主人公カミーユ・ビダンが覚醒したことにより、とうとうその活躍を終えてしまうようになります。

凶暴で粘り強く機転が利き、仲間から慕われている上司であり、大物に対しても怯む様子を見せない男、だからこそヤザン・ゲーブルの評価、人気は現在でも高いのでしょう。また、機動戦士Ζガンダム内では、ジャマイカン・ダニンガン、バスク・オムに引導を渡すシーンもあり、大物喰らいの一面があるところも、ヤザン・ゲーブルだけの魅力と言えます。

また、戦闘に対しての経験、余裕があるためか、戦闘前にアドルというヤザン隊の新入りに対して、セクハラを行うというシーンも出てきます。映画の戦争もののようなワンシーンですが、このような余裕を随所で見せてくれる、そして、自分の強さに誇りを持っているところが、ヤザン・ゲーブルの素晴らしさです。