機動戦士ガンダムWの主人公ヒイロ・ユイは、オペレーション・メテオを成功させるために、地球圏に降り立った少年の1人です。

機動戦士ガンダムW以降から、ヒイロ・ユイのように、戦闘訓練を受けている少年、青年らが戦場に赴くという話が増えていくため、機動戦士ガンダムWは、機動戦士ガンダムそのものの転換期と言えるでしょう。しかも、味方メンバーのほとんどは、OZ壊滅作戦であるオペレーション・メテオに参加する者たちで、ヒイロ・ユイのような戦闘訓練を受けている者たちです。

機動戦士ガンダムWであり、ヒイロ・ユイという少年の特徴は、地球圏を支配しているOZと真っ向からぶつかっているところでしょう。そのため、任務失敗は敗北を意味するので、ガンダムごと自爆を選択する、また、ガンダムの存在が知られそうになった場合も、爆破任務を敢行するというほど、ガンダム、主人公たち、OZの関係が歪なものになっています。

機動戦士ガンダムWは、今までのガンダム作品とは違い、政治的な側面についてはあまり語られていない作品です。そのため、OZとして活動する組織、平和を掲げる組織であるピースクラフト、宇宙のコロニーに住む人々など、部分的な説明が入る以外では、これと言って主要な情報が出てこない作品でもあります。

そんな作品の主人公であるヒイロ・ユイですが、今でも中二病のような行動が目立つ人物として、多くのファンから好かれているキャラクターの1人です。例えば、リリーナ・ピースクラフトという恩人に対して、自分の秘密を知ってしまった人物として、「お前を殺す」と囁くシーンが出てくるのですが、この時点ではまだ物語が進展していません。

しかし、この台詞を言うことによりヒイロ・ユイとは何者なのか、また、リリーナ・ピースクラフトは大ごとに巻き込まれている、という印象付けに成功しています。今では良くネタ扱いされるシーンなのですが、長くガンダム作品を見てきた人物の場合、時代によってガンダム作品がここまで変化するのかと、驚かされるシーンの1つでもありました。

補足となりますが、オペレーション・メテオに参加しているメンバーは、すべて個人別でドクターという教育者が付き、ドクターの力によって戦士としての力を授かっている、戦闘のスペシャリストばかりです。そのため、ヒイロ・ユイは追い込まれた際に自爆を選択するのですが、その自爆に関するエピソードでも、仲間のトロワ・バートンが一笑してしまうというシーンが出てきます。

常軌を逸するとはこのことなのですが、この時には、視聴者側も世界観に慣れてきている状況のため、それほど抵抗のあるシーンでは無くなっているのです。また、機動戦士ガンダムWではウイングガンダム、ウイングガンダムゼロというモビルスーツが出てきます。

主人公のヒイロ・ユイが搭乗する機体なのですが、バスターライフル、ゼロシステムという画期的な兵器、システムが搭載されているため、中二病のような行動と合わせて、格好良さが倍増されているというのも、機動戦士ガンダムWの面白いところかもしれません。ヒイロ・ユイは、思春期にありがちな英雄願望を抱いている少年ではなく、どちらかというと任務の重さもあり、人としてどこか前向きになれないところがあるだけの少年です。

そんな少年が、ガンダム、OZの兵器と向き合うようになり、そして、リリーナ・ピースクラフトに諭されながら、人としての道も歩むように成長していくのです。