シャア・アズナブルはアムロ・レイのライバルとして、ファーストガンダムだけでなく、Zガンダム、逆襲のシャアといった作品にまで登場します。

また、能力の高さではなく、人気の高さで比較するとアムロ・レイより、シャア・アズナブルのほうが高いという状況です。このような状況になっている理由は、以下のような要素で、シャア・アズナブルと比肩できるキャラクターが少ないからでしょう。

まず、シャア・アズナブルは「赤い彗星」の名で呼ばれていました。敵であるのに格好良い、強敵であることが明示されているわけなのですが、これにより、誰もが主人公のライバルになるのではないか、そのような予想を立ててしまうのです。

物語が進んでいくと、実はジオン・ズム・ダイクンの息子で、セイラ・マスの兄にあたり、セイラ・マスには正体を明かして欲しいと言われるシーンもあり、まるで悲劇の主人公のようです。実際に、これほど濃厚な過去が存在するので、シャア・アズナブルだけのスピンオフ作品まで存在します。

しかも、シャア・アズナブルはあらゆる手段をもって動くことが多く、兵器の運用、高い指揮能力、知略の高さを見せつけてくれるキャラクターとしても有名なので、単純な戦闘能力の高さのみで判断できる人物ではありません。このように魅力的な人物でもあるのですが、シャア・アズナブルも人間なので、憤ったり、悲しみに暮れることもあります。

そのような弱さを見せつけてくれるキャラクターでもあるので、ガンダム作品内でも屈指の美形であり、人間らしさを兼ね備えた人物として人気になりました。

また、シャア・アズナブルは若い女性に好かれることが多いので、ロリコンと言われることが多いキャラクターでもあります。女性に対しては紳士的な態度を取り、喋り方も貴族のような上品さを兼ね備えています。

しかし、戦場の中では高い戦果をあげ、そのことに傲っている様子を見せません。ギャップがあるキャラクターでもあるので、男女問わずで人気が出たキャラクターとも言えます。

その他の魅力では、ララァ・スンなどの女性に惚れ込んでしまい、痛恨のミスをしてしまう場面などがあげられます。ララァ・スンを女性として扱っていたシャア・アズナブル、しかし、ララァ・スンは献身的な女性でもあるので、シャア・アズナブルを助けようとしてしまいます。

そのような行為が報われるのであれば良いのですが、ファーストガンダムでは、まだ戦争が終結していない、むしろ激化している時に出てきてしまい、次第にアムロ・レイ、シャア・アズナブル、ララァ・スンの間でも争いが起きるようになってしまいます。シャア・アズナブルは前述のとおりで、人間らしさであり、弱さを見せられる人物でもあります。

そのため、仲間や大切な女性を失ってしまうことを恐れ、そのことを引きずって戦ってしまうところもあるため、いつの間にかカリスマを有する人物へと成長していきます。しかし、このような要素についても、Zガンダム、逆襲のシャアでは悪影響を及ぼすことのほうが多く、一般人にしてみると、どことなくキザな人物として写ってしまうことが多い、そのような悲哀さを秘めている人物として描かれています。