機動戦士Ζガンダムの強い人物として、印象に残るキャラクターというと、敵側ではハマーン・カーン、もしくはパプティマス・シロッコでしょう。

ただ、今でも人気が高いキャラクターでは、パプティマス・シロッコよりもハマーン・カーンという場合が多いです。というのも、機動戦士Ζガンダムにおいて、以下のような凄い活躍を見せた女性キャラクターだからです。

まず、機動戦士Ζガンダムに出てくるハマーン・カーンは、誰にも媚びない性格をしていますので、現代風に言うとツンデレではなく、ツンツンの女性キャラクターです。そのため、本来であればツンツンな性格のため、魅力的ではない女性キャラクターになってしまう可能性もあります。

ですが、この媚びない性格こそハマーン・カーンの大きな魅力なのです。仲間思いの一面が強く、また政治だけでなく、戦闘の指揮も行わないといけません。

普通であれば、四苦八苦の状況にさらされてしまい、人としての生活が脅かされるレベルですが、ハマーン・カーンは、これらに加えてミネバ・ザビの育成を行うという、とんでもない活躍を見せる女性キャラクターなのです。これほどの激務をこなしているので、むしろツンツンでなければ、機動戦士Ζガンダムの世界であれほどの活躍を見せなかったかもしれません。

また、常に計算高さがうかがい知れる女性キャラクターでもあるのですが、ニュータイプとの付き合いに関しては、目に見えて裏表を使いこなす許容があります。パプティマス・シロッコのように政治に長けている人物に対しては、簡単に歩み寄ることをしません。

しかし、カミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタ、そして本命であるシャア・アズナブルに対しては、女性らしさ、優しさを惜しまずに見せるという行動を見せるのです。このような動作を見てしまうと、敵側のキャラクターなのにグッときてしまう、そんな気持ちになってしまう人もおられるでしょう。

ストーリーに関しては、シャア・アズナブル、ハマーン・カーンは結託することなく話が進みます。これは、シャア・アズナブルがミネバ・ザビを思って、政治の道具として使われていることを憐れみ、そのため、「ジオンの亡霊」と毒づく場面さえもありました。

そもそもシャア・アズナブルは、ジオン軍に対して仇討ちを行っている人物でもあるので、このように感じるのは当然でしょう。ですが、ハマーン・カーンとの間に確執があったわけではなく、この場面は運命がそうさせたとしか言いようがありません。

ハマーン・カーンのキャラクターとしての魅力を語ってきましたが、大事な魅力について触れていないので、もう1つだけ魅力を伝えさせていただきます。その魅力とは、キュベレイという機体を使いこなす、戦闘においても優秀な活躍を見せる人物であったことです。

ここまでファーストガンダム、機動戦士Ζガンダム内では、何度も女性キャラクターがパイロットとして登場してきました。ですが、ハマーン・カーンのように大多数を相手にしても、ファンネルのみで圧倒するなど、度肝を抜かれるようなシーンはあまりありませんでした。

キュベレイは、他のモビルスーツに比べて湾曲したパーツが多く、まるで宇宙人のような見た目になっています。それほど革新的なモビルスーツを、的確に使いこなすシーンは、機動戦士Ζガンダムを見ていて良かった、という気持ちにさせられるほどのものです。

機動戦士Ζガンダムは前作の引き継ぎ要素、政治、戦闘のすべてがキレイに噛み合っているので、その出来の良さに驚かされる作品でもあります。